その復縁に冷却期間は必要か否か

復縁に本当に冷却期間は必要?

大好きな相手から突然の別れを告げられたらとてもショックでしばらくの間は立ち直れませんよね。

 

どうしてもあきらめきれずになんとかヨリを戻したいと復縁を願う方は多い事と思います。

 

だからと言って別れて間もないのにこちらから連絡を取るようなことをしたら逆効果なんじゃない?早く何とかしたいけどここは少し冷却期間をおいたほうがいいのかも等色々と思いを巡らせることでしょう。

 

もちろん冷却期間をおいたほうが結果スムーズに復縁につながる事もあります。
しかし別れた原因や相手の性格、二人がどの位濃密な関係であったのか等の様々な理由によって復縁方法は違ってくるのですから冷却期間も当然人それぞれという事になりますね。

 

恋愛雑誌などでは「別れた恋人との理想的な冷却期間」なんて記事を見かけますがこれはいわゆる一般的な例であってこれを丸々信じて鵜呑みにしてはいけません。
自分たちと他人では状況が違うんですから当然です。

 

情報通りしっかり冷却期間をおいたのにその間に相手がもう違う人とお付き合いを始めていたとか、すでに連絡がとれなくなっていたなど悔やんでも悔やみきれない結果となる可能性だってあるのです。

 

冷却期間については別れた原因や相手の性格・生活環境などを色々と考慮したうえで自分で決めなければならないですね。

 

とは言っても当事者である自分ではなかなか冷静に判断できない場合の方が多いと思います。

 

それでは自分が望む復縁には冷却期間が必要なのか必要ではないのか。
これはどうやって判断すれば良いのでしょうか。

 

上でも少し触れましたがこれには別れた原因そして相手の性格が大きく左右します。

 

主な理由が下記のようなら特別に冷却期間は必要ないでしょう。

 

「ほんの些細なことでケンカになって勢いで別れてしまった」
「双方の仕事などの都合ですれ違いの日々が多かった」
「自分の方から別れて欲しいと切り出した」

 

ちょっと冷却期間が必要かなと思うのは下記のような場合です。

 

「今まで幾度となく同じような理由でケンカ別れをしてきた」
「相手から別れを切り出された際しつこくすがってしまった」
「相手がカンカンに怒っていて怒りが冷めそうにない」

 

あと下記のような場合どっちともいえず判断に迷うかもしれません。

 

「別れた原因が相手に好きな人ができたから」
「親や兄弟など第三者が原因となっている」
「浮気・不倫が原因で別れた」

 

 

一番やっかいなのは冷却期間が必要か否かの判断に迷う場合です。

 

自分の望む復縁は果たして成就する事ができるのだろうか・・・。

 

 

実際に私も同じ悩みを持ち、そんな時に出会った商材。
復縁を真剣に考える方に復縁率80%を誇るプロによる復縁商材をご紹介したいと思います。